フェイシャルエステ > ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとはについて

数あるエステの中でも定番なのが「フェイシャルエステ」ですよね。
フェイシャルエステはどこのサロンにも大抵用意されているエステコースですが、フェイシャルエステと一言で言っても、様々なメニューがありますよ。

「ケミカルピーリング」というエステメニューは、にきび跡を効果的に治すエステです。ケミカルには「化学物質」、ピーリングには「皮をむくこと」といった意味があります。酸性の薬剤を使って肌を再生し、きめの整った美しい肌に改善しますよ。

使われている薬品には色々な種類があり、エステサロンによって様々ですが、エステサロンや美容外科、皮膚科で広く使われている代表的な薬品は「AHA(アルファヒドロキシ酸)」という薬品です。
「TCA(トリクロール酢酸)」という薬品も一般的な薬品で、AHAよりもさらに本格的なピーリングを行うことができますが、その分施術に少し時間がかかります。
「ブルーピール」という薬品もTCAのピーリングの1つです。
青色が特徴的な薬品ですが、これは施術を行う人に対してピールする深さが分かりやすいようにTCAに青い色素を混ぜているためです。

その他、深いピーリングを行うことができる薬品に「フェノール」というものもあります。フェノールはにきび跡だけでなく、深いしわにも効果的な薬品ですよ。

ピーリングは角質や表皮を剥がして行われます。
そのまま行えば、お肌が本来持っているバリア機能や水分保持機能が失われてしまうことになります。
エステサロンで行われているピーリングはとても弱いものですが、施術後にしっかりしたケアをしていないと肌トラブルの原因になってしまいます。
ピーリングを行う時は、信頼できるスタッフがいるサロンで行うようにしましょうね。